レースの下着を身に着けた女性

風俗嬢と結婚できるかどうか

ソファの上でくつろぐ女性

風俗嬢と結婚できるかどうかという問題はネットで時々議論に上がっています。私としては風俗嬢も結婚相手も十人十色なので、ネットで結論の出ることではないと思います。風俗で働いていたという経験がマイナスに働く方がいるのと同じように、マイナスとして見ない方ももちろんいるでしょうということです。

風俗で働いている方全てが給料を遊びに使っているわけではもちろんありません。家計を助ける場合、自分の学費を払わなくてはならない場合、貯金をしていたなど肯定的な用途はいくつもあげられます。そのような点から考えると風俗=結婚におけるデメリットという図式はどうしても無駄に直線的な物のように感じます。風俗で働いていたからこそ得られたという物も世の中にはきっとたくさんあるのだと思います。

それと沢山の男の人を見てきたからこそ感じられるものもあるのかもしれません。風俗の仕事はただサービスをこなせばよいのではなく、相手と一対一の時間を過ごすため、必然的に気を使う仕事になります。その中で磨いたスキルだとか相手を見る力だとか、相手の気持ちの支えになる力を欲している結婚相手の方もいるのかもしれません。

ネットは相手の悪い部分を切り取ってつぎはぎしていく傾向があるようです。その意見に飲まれないのが大事だなぁと改めて感じました。