レースの下着を身に着けた女性

風俗ボランティアが弱者を救う

2人の女性

セックスができない人に対するサポートは十分とは言えない現状がある。私などは、そんな時に風俗嬢がボランティアをすべきではないかと思っている。何故性交渉が難しい人を助ける必要があるのかと思う人もいるだろうが、考えてみればこれは当然である。

ご飯が買えない位貧乏な人には食事を作ってあげる。寝具が無い人には毛布を渡す。ホームレスの人達を支援する団体がよく行っている事だが、不思議と性欲に関しては無いものとして処理されがちだ。

お金を貰って仕事をするのが当たり前になっている風俗嬢にとって、これは難しかもしれない。だが、たまにはボランティアをしてみるのも悪くないだろう。男性と自分との間にお金が関わらない状態というのは、ある意味でスッキリしているからだ。

経済的な格差だけでなく、性的な面でも格差は広がり続ける一方だ。それを全て無い物にすべき等とは言わない。だが、最低限の支援はした方が良いのではと思うのだ。

プロの嬢だけでなく、希望者は全員参加できるようにして欲しい。その場合は風俗嬢が性の技術を教える役割として活躍できるはずだ。手取り足取り丁寧に説明しよう。普段見る事が出来ないプロの技を興味深い表情で見てくれるはずだ。